会社設立を税理士に相談するメリット


会社設立をする際、もちろん自分1人で行うことも可能です。しかし、書類作成や、財務面、また、会社設立をした後も、色々と複雑な業務が待っています。そのため、専門家に依頼をしたほうが、スムーズに対応してもらえますし、ただの作成依頼というだけではなく、今後会社を発展させていく上で、強いバディとなっていくでしょう。そのためにも、専門家にお願いすることをお勧めします。会社設立に欠かせないのが、税理士です。税理士は「会社のお金のこと」のサポートをしてくれます。具体的に、税務に関する書類作成や、税務相談に乗ってくれます。

まず、起業するから会社を作る!と考えている人が多いですが、相談してみると、個人事業主から初めてみたら?といったアドバイスもくれたりします。他にも、税務に関する相談などに乗ってくれます。次に、書類などの作成に関する代行もやってくれます。「会社設立の手続き」でお伝えしたように、提出するもの、作成するものが、会社設立の際は意外と多いのです。そのため、それを代行してくれますし、事務所によっては、顧問契約をすることで、手数料が安くなったりというメリットもあります。(参考サイト:会社設立代行 税理士法人アディーレ

最後に、会社を設立してから大きく必要になってくるのが、節税対策です。会社が維持するためには欠かせないことですが、税理士に相談すると、そういったところもアドバイスをもらえたりします。相談することで、長期的に繁栄できることもありますので、ぜひまずは相談してみてください。


会社設立の手続き


会社設立の流れについてご紹介していきます。大体2週間前後で申請から完了まではできます。その流れをしっかりと抑えておきましょう。

まず必要になってくるのは、会社について決めることです。会社名、所在地、設立年月日などを決めます。次に必要なのは、印鑑の作成です。代表者印、会社印などの実印と、銀行届出印が必要です。他にも角印もあると良いでしょう。

次に、定款の作成が必要になります。定款とは、会社の決まりごとのようなもので、作成の義務があります。書面定款と電子定款という2種類が存在します。書面定款の場合、印紙税が4万円発生しますが、電子定款の場合、費用は発生しません。定款は、作成したら終わりではなく、公証役場に認証してもらう必要があります。その費用は5万円発生します。

次に、登記の申請を行います。登記の申請は、法務局に行くやり方と、郵送でできるやり方とオンラインがあります。定款、登記申請書、就任承諾書、印鑑届出書などが必要となります。

このように、会社を設立する際には、書類の準備や費用が発生します。費用自体はそこまで大きな金額ではありませんが、会社を設立する際は、運営についても思案したりと、忙しいものです。届け出が完了したら、会社の設立が完了です。ここまでのステップも長い行程ですが、ここで終わりではなく、ここからがスタートなのです。


会社設立の流れ


最近の世の中の流れとして、起業をする人も珍しくない時代となってきました。個人事業主としてやっていく人もいれば、会社を設立して事業を営んでいく人もいます。今では会社法が改定されたので、誰でも会社を作ることが簡単にできる時代です。どちらにもメリットデメリットがありますが、会社設立も視野に入れてはいかがでしょうか。

会社を設立するメリットは、信頼されやすくなったり、節税対策がしやすくなったりすることです。逆に、デメリットは、保険料や税金などを払わなければいけないことや、手続きなどが個人事業主に比べると多いことです。どちらもメリットデメリットはありますが、起業する際、事業計画も立てられており、すぐにでも売上をあげていきたい人は、会社設立も計画的にしていくとよいでしょう。

しかし、その分、会社を設立するとなると、個人事業主に比べて、費用も発生します。会社法の改定により、1円から会社を作れる。という謳い文句がありましたが、それは資本金が1円から可能ということであり、実際は他に費用が発生します。株式会社であれば、大体20万円くらいは発生します。そういったことを知らずに設立の準備に入ると、思いの外費用や時間がかかってしまうということもあります。そのため、正しい知識を身につけましょう。

ここでは、会社設立の際の流れや手続き、また、その時に何が必要かについて説明していきます。ぜひ会社設立を考えている方は、参考にしてみてください。