会社設立の流れ


最近の世の中の流れとして、起業をする人も珍しくない時代となってきました。個人事業主としてやっていく人もいれば、会社を設立して事業を営んでいく人もいます。今では会社法が改定されたので、誰でも会社を作ることが簡単にできる時代です。どちらにもメリットデメリットがありますが、会社設立も視野に入れてはいかがでしょうか。

会社を設立するメリットは、信頼されやすくなったり、節税対策がしやすくなったりすることです。逆に、デメリットは、保険料や税金などを払わなければいけないことや、手続きなどが個人事業主に比べると多いことです。どちらもメリットデメリットはありますが、起業する際、事業計画も立てられており、すぐにでも売上をあげていきたい人は、会社設立も計画的にしていくとよいでしょう。

しかし、その分、会社を設立するとなると、個人事業主に比べて、費用も発生します。会社法の改定により、1円から会社を作れる。という謳い文句がありましたが、それは資本金が1円から可能ということであり、実際は他に費用が発生します。株式会社であれば、大体20万円くらいは発生します。そういったことを知らずに設立の準備に入ると、思いの外費用や時間がかかってしまうということもあります。そのため、正しい知識を身につけましょう。

ここでは、会社設立の際の流れや手続き、また、その時に何が必要かについて説明していきます。ぜひ会社設立を考えている方は、参考にしてみてください。