会社設立の手続き


会社設立の流れについてご紹介していきます。大体2週間前後で申請から完了まではできます。その流れをしっかりと抑えておきましょう。

まず必要になってくるのは、会社について決めることです。会社名、所在地、設立年月日などを決めます。次に必要なのは、印鑑の作成です。代表者印、会社印などの実印と、銀行届出印が必要です。他にも角印もあると良いでしょう。

次に、定款の作成が必要になります。定款とは、会社の決まりごとのようなもので、作成の義務があります。書面定款と電子定款という2種類が存在します。書面定款の場合、印紙税が4万円発生しますが、電子定款の場合、費用は発生しません。定款は、作成したら終わりではなく、公証役場に認証してもらう必要があります。その費用は5万円発生します。

次に、登記の申請を行います。登記の申請は、法務局に行くやり方と、郵送でできるやり方とオンラインがあります。定款、登記申請書、就任承諾書、印鑑届出書などが必要となります。

このように、会社を設立する際には、書類の準備や費用が発生します。費用自体はそこまで大きな金額ではありませんが、会社を設立する際は、運営についても思案したりと、忙しいものです。届け出が完了したら、会社の設立が完了です。ここまでのステップも長い行程ですが、ここで終わりではなく、ここからがスタートなのです。